• /
  • 記事
  • /
  • もう「勉強いつするの?」を言わずにすむ! 習慣化のプロに「勉強の習慣化」のコツを聞いたら簡単でした

配信

1コメント1件

もう「勉強いつするの?」を言わずにすむ! 習慣化のプロに「勉強の習慣化」のコツを聞いたら簡単でした

「宿題は終わったの?」「ドリルはどこまでやった?」―こういった声かけは、多くのご家庭でお子さんにされていると思います。「毎日同じことを言ってばかり。宿題や勉強もうまく習慣化できたらいいのに」そう思われたことはありませんか?習慣化コンサルタントの古川武士さんに「勉強を習慣化するコツ」について、お話を伺いました。

もう「勉強いつするの?」を言わずにすむ! 習慣化のプロに「勉強の習慣化」のコツを聞いたら簡単でした

習慣化の王道であり、一番大事なこと それは《始める》

 子どもの性格・タイプによって、どういった習慣化が向いているかは違います。勉強でいえば、分散してコツコツやるタイプなのか、一気に集中して仕上げるタイプなのか。その性格・タイプの違いを理解したほうがいいという前提のうえで、「習慣化のコツ」についてお話ししていきます。 習慣化のコツにはいろいろありますが、その中での一番、王道というのは、「ベイビーステップ」から始めるということです。「ベイビーステップ」とは、どんなに小さくてもいいので「最初の一歩」を踏み出すこと。始めることが、何よりも大事です。 大人でも同じですが、たとえばジョギングを始めようと思った時に、「今日は雨が降りそうだな」「ちょっと体調が悪いかも」……何かと理由をつけて、最初の一歩が踏み出せないということはありませんか。 人は「いつも通りではないことを排除する」ということを無意識にしています。そのため、習慣化するには、いつも通りではないという抵抗感に勝ち、やらなくてはいけないこと(やりたいこと)を行動の中にプログラミングしていく必要があります。やり始める→やっていくうちに段々と馴染んでいく→やることが普通になる→やらないと落ち着かない……この流れが習慣化です。 子どもの性格・タイプはあると思いますが、どんな子どもでも、習慣化するにはこの小さな一歩、ベイビーステップから始めるということは変わらないと思います。【習慣化のポイント1 ベイビーステップを踏み出す】

あれもこれもだから、面倒になる 「完了・完成」にとらわれない

 夏休みの宿題を思い浮かべてください。 子どもが宿題をなかなか進められないというご家庭でも、子どもは何もやらないわけではなくて、やりたいもの、やりたくないものがあるはずです。しかし量がたくさんあるので、結局面倒くさくなって、終わっていない……という状態ではないでしょうか。あれもこれもたくさんあると、大人だって面倒になりますよね。そういった時には、「算数のドリルならできる」、「好きな教科のこの単元だったらできる」とか。宿題全部ではなくて、崩せるところを見つけていくことが大事です。 親のよくないところは恐らく、「完了・完成」までを意識しすぎてしまうところ。 つまり、最初から「終わりまでやる」ということを考えてしまうので、話が大きくなり、子どもも「そんなにはできない、やりたくない」と思ってしまうのです。 今の子どもはゲームや動画など、誘惑もたくさんあるでしょう。そのなかで、なかなか勉強に向かいづらいという時こそ、完了・完成ではなく、「最初の一歩」を大事にしましょう。 「学校から帰ってきたら、ランドセルを置く。そして宿題のページを開く」。ベイビーステップとしては、これでも十分です。宿題をやるのではなく、とりあえず宿題のページを開く。「それだけでいいの?」と思われるかもしれませんが、そこまでやってしまうと、後から意外と手がつけやすくなります。踏み出さなければ0ですが、踏み出すことによって次の着手が格段にしやすくなるのです。【習慣化のポイント2 完成よりも最初の取りかかりを優先する】

次ページは:プロセスもしっかりほめること ポジティブなフィードバックが大切

1/3ページ

最終更新:ベネッセ 教育情報サイト