• /
  • 記事
  • /
  • 『iPhone 13 Proで映画が撮れる!』6GB/分消費する、超高画質モード『ProRes』とは?

配信

6コメント6件

『flick!』より

iPhone 13 Proの発表会で『プロレベルの映像撮影が可能』と言われていたのは、特にiOS 15.1で『Apple ProRes(プロレズ)』に対応しているからだ。

iPhone 13 Proが、iOS 15.1で対応した『ProRes』とは?

『flick!』より

ProResはプロレベルの映像編集が可能な非常に高画質な画像フォーマットで、非圧縮なものに近いデータを保持しているので、ちょうど写真でいうところのRAW画像のように、あとで色調などの調整を正確に緻密に、大きく行うことができる。画像のデータサイズの圧縮というのは、影響の少ない部分を間引いていくことで行われるが、間引かれた状態のデータで色補正などの加工を行うと、どうしてもその影響が出てしまう。つまり、圧縮比率の高い一般の画像フォーマットでは、画質を低下させずに自由に色補正をを行うことはできないのだ。

『iPhone 13 Proで映画が撮れる!』6GB/分消費する、超高画質モード『ProRes』とは?

『flick!』より

それに対してProResは、従来はとても高価なプロ用カメラのみで可能だった、ポストプロダクション業界で使われていた画像フォーマット。プロレベルで必要な高度な編集が可能になる。ProResには、4444HQを筆頭にさまざまな形式があるが、iPhone 13 Proで可能になったのは422 HQの4K 30fpsの画像撮影。A15 Bionicの高度な画像処理能力によって、ProResの処理がようやっと実現できたというわけだ。

ちなみに、Apple ProRes 422 HQとは422の高データレート版で視覚的には4444と同程度の高い画像品質を保つが4:2:2イメージソース用のロスレスコーデック。10ビットピクセル深度のフルワイドの4:2:2イメージソースをサポートしながらデコードとエンコードを何回も繰り返した後でも、ビデオを視覚的にロスレスに保持することができる。つまり、何度の加工編集しても画像が劣化していかないということだ。

しかし、データサイズはかなり大きい

『flick!』より

iPhone 13 Proで、ProResで撮影するには、設定>カメラ>Apple ProResをオンにする。128GBモデルでは4Kに対応できないという制限があるが、Apple ProResの4K画質だとわずか1分の画像でも約6GBのストレージを消費してしまうから、128GBモデルでProResの4Kを撮影したいというニーズはないだろう。iPhoneに1TBモデルがあることを不思議がる人もいるが、Apple ProResの4Kで撮影を続けるつもりなら、1TBモデルをフルに使っても2時間半ほどしか撮影できないのだから、納得できるところだろう。筆者も試しに1920×1080、29.97fpsで1分36秒の動画を撮ってみたが、それでも2.64GBのストレージを必要とした。通常の画像撮影にProResを使うと、あっという間にストレージがなくなってしまう。

1/2ページ

最終更新:FUNQ