• /
  • 記事
  • /
  • Vol.01 LUMIX GH6登場。5.7K60P撮影やAFを強化したフラグシップミラーレス一眼[GH World 2022] - PRONEWS : デジタル映像制作Webマガジン

次世代プラットフォーム採用で高い次元のスペックを実現

GH6は、4つの大きな特徴を持っている。1つ目は、新世代のプラットフォームの採用で、従来できなかった技術が一気に実現可能としている。それにより、動画系の技術が大きく進化している。

GH6ではエンジンにまったく新しい新世代の画像処理LSI「ヴィーナスエンジン」を採用。これにより、演算処理能力は従来比で約2倍の進化を実現。S1HやS1Rなどのフルサイズフラッグシップ機よりも高速なエンジン搭載により、既存の上位機よりも高い処理性能を実現可能としている。画質の向上やオートフォーカスの性能の向上など、さまざまな性能の向上を実現可能にし、解像感やS/Nは新エンジンにより画質性能が大幅に向上している。

Vol.01 LUMIX GH6登場。5.7K60P撮影やAFを強化したフラグシップミラーレス一眼[GH World 2022] - PRONEWS : デジタル映像制作Webマガジン

また、一般的には同じ画素数のフルサイズとマイクロフォーサーズのセンサーを比較すると、フルサイズの方が高い解像感を実現可能と言われている。しかし、GH6の場合は、近しい画素数のフルサイズ機と比較しても、同等やそれ以上の解像感を実現できるという。これはエンジンの性能に依るが大きいとしている。

GH6では、25.2Mセンサーの新開発Live MOSセンサーを採用。これまでのGH5シリーズは、20.3M画素のLive MOSセンサーを採用してきたが、GH6では25%ほど画素が多いセンサーを搭載。GH6では、25.2Mセンサーを生かした1億画素のハイレゾショットに対応する手持ち撮影にも対応している。

エンジンとセンサーの一新により、広色域で撮れるように強化している。GH6では、フルサイズ機と同じV-Log/V-gamutフォーマットを採用し、絵合わせをしやすいように仕上げることが可能となっている。

単一露光で2種類の画像を取得してリアルタイム合成きる新しい機能「ダイナミックレンジブースト」を搭載。これまで豊かな階調と解像感のある描写を実現する機能として、2つの標準感度設定を実現する「デュアルネイティブISO」技術があったが、それの進化発展形に近い技術を採用している。

ダイナミックレンジブーストは、暗い画と明るい画を同時に撮る処理を1回の露光で同時にキャプチャが可能。それをリアルタイムに1画素単位ですべて合成処理を行い、明部から暗部まで情報量がきちんと存在する状態で画を撮ることを可能としている。最大13+ストップのダイナミックレンジが得ることが可能で、これまでマイクロフォーサーズの高画素機では不可能だと思われていたダイナミックレンジの撮影を可能だという。

ただし、ブーストモードは、常日頃絶対に使える機能ではなく、フレームレートやISOに制約がある。フレームレートは60fpsまでになり、ISOはV-Logの場合はISO2000からの少し高い位置からのスタートとなる。新エンジンの性能向上によりISO2000でもゲインアップによるノイズは最小限に抑えているが、NDで落とすといった配慮が必要になることが予想される。