• /
  • 記事
  • /
  • アメリカ海軍の無人空中給油機MQ-25 初めての空母運用試験終了

 アメリカ海軍は、ボーイングと共同開発している無人の空中給油機MQ-25が、初めて空母上での運用試験を行い、無事に完了したと2021年12月20日(現地時間)に発表しました。今回の試験では実際の空母を使い、MQ-25が問題なく遠隔操作で動かすことができるかがチェックされ、今後の運用法確立に向けたデータが収集されています。

 ボーイングMQ-25スティングレイは、専用の空中給油機を持たない空母艦載機向けに設計された、初めての無人空中給油機。空母から発艦し、空中で長時間待機して、攻撃に参加する艦載機に対し空中給油を行います。

 現在、空母艦載機への空中給油は「バディポッド」と呼ばれる、空中給油用の外部燃料タンクを装備した戦闘機や攻撃機を使っています。この任務を専用の無人機に肩代わりさせ、作戦に使える航空機の増加とパイロットの負担を軽減しようというのが開発の目的です。

アメリカ海軍の無人空中給油機MQ-25 初めての空母運用試験終了

 すでに初飛行を済ませ、陸上の飛行場から離陸しての空中給油試験を実施してきたMQ-25。現用空母艦載機であるF/A-18やE-2D、F-35Cへの空中給油を成功させ、いよいよ実際に運用される空母での試験に臨むことになりました。

 試験に使用されたのは、空母ジョージ・H・W・ブッシュ(CVN-77)。アメリカ東海岸のノーフォークでMQ-25を搭載し、大西洋上で試験は実施されました。

 MQ-25は無人機のため、格納庫から飛行甲板に出された後は、遠隔操作でカタパルトまで移動しなければなりません。着艦した後も同様。そのため、飛行甲板上で問題なく遠隔操作ができるかというのが、今回の試験の主眼となります。

【次のページ】 飛行甲板では、ボーイングの技術者が腕に取り付けた小さな装置を使い、MQ...

この記事の画像

前へ次へ編集部おすすめ

当時の記事を読む

おたくま経済新聞の記事をもっと見る