• /
  • 記事
  • /
  • インスタントカメラ「Polaroid Now+」には無限の可能性があるが、アプリの完成度が惜しまれる:製品レヴュー

また、カメラの物理的なボタンに独自のショートカットを設定したり、意図的な二重露光やセルフタイマーモードに切り替えたりもできる。3つあるモードのうちどれを使っているかは、デジタルインジケーターですぐわかるようjになっている。

Polaroid Now+には専用のアプリが用意されている。ポラロイドは必ずしも必須ではないと説明しているが、基本的には使ったほうがいい。アプリにはさまざまな機能があるが、新たに追加されたものがふたつある。

ひとつは、本体底面にあるマウントを利用する「三脚モード」。もうひとつは、F値を選択して背景のピントをコントロールし、適度なぼかしを得られる「絞り優先モード」だ。

できのよくないアプリの課題

この説明だけを読むと、このスマートフォン用アプリは素晴らしいものに見えるかもしれない。だが残念なことに、実際に使ってみるとアプリ「Polaroid」はひどいもので、バラ色の世界とはほど遠いのが現実だった。理論的には専用アプリを使わなくてもいい写真を撮れるはずだが、使わなければ最高の機能のいくつかを利用できない。

モバイルアプリの専門家という立場ゆえに、個人的にもアプリが大好きで頻繁に使うし、新しいアプリはいつもダウンロードする。そんな人物でさえ使い方がわからないなら、そのインターフェイスは改良する必要があると言っていいだろう。

インスタントカメラ「Polaroid Now+」には無限の可能性があるが、アプリの完成度が惜しまれる:製品レヴュー

実際にカメラとスマートフォンをBluetooth経由でペアリングさせたあと、このアプリはi-Typeフィルムを1パック全部、余すことなく無駄に消費してしまった。まず、タイマーモードを使おうとして調整のためにボタンを押したら、それが実際にはシャッターボタンだったというミス。そして二重露光をしようとして、カメラを動かさずに誤って同じ写真を2枚撮ってしまった。

価格2ドルのミスが、次から次へと続く。チュートリアルもない。首にかけたカメラの心地よい重みが、だんだんアホウドリをぶら下げているように気分になっていった。

使っていて楽しいガジェット

Polaroid Now+のマニュアルモードでは物理的なシャッターボタンを使うことになるが、それでは最も優れた機能の多くが失われてしまう。スマートフォンとカメラを素早く持ち替えて撮影する動作は、慎重に構図を決める場合には価値があるかもしれない。

だが、インスタントカメラを使う主な理由のひとつは、そのときの瞬間を自然にとらえることだろう。友達と一緒に自撮りしたいときにうまく使えないようなら、せっかくのタイミングが失われてしまう。これではインスタントカメラをもっている意味がない。

だが全体的にPolaroid Now+は、使っていて楽しいガジェットだ。先代モデルや他社の類似モデルと比べて、確実にステップアップしている。

ポラロイドの開発者がアプリを改善してくれさえすれば、このカメラは非常に簡単に、楽しく使えるようになる。そして入念に準備されたスナップ撮影と、ありのままを瞬時に撮る楽しさとを、簡単に切り替えられるはずだ。