• /
  • 記事
  • /
  • 【特集】ビジネスユーザーのための「Windows 11」入門 - クラウド Watch

 Microsoftが発表したWindows 11は、同社の現行製品であるWindows 10の後継となる製品で、2021年の末までには、広く一般に提供される予定になっている。

 Windows 11は開発コードネーム「Sun Valley」(サンバレー)として開発されてきた製品で、Windows 10の特徴である、アジャイル型ソフトウェア開発の手法を利用した定期的な機能アップデートの提供や、従来のWindowsと比較してより高いセキュリティを実現していることなどを引き継ぎ、さらに、新しいユーザーインターフェイスやマルチタスク機能、Teamsの標準搭載、そしてWindows 10では低調に終わっていたアプリケーションストア「Microsoft Store」のてこ入れなど、新しい特徴を備えている。

【特集】ビジネスユーザーのための「Windows 11」入門 - クラウド Watch

 またWindows 11では、Windows 10ではオプションだったVBS(Virtualization-Based Security、仮想化ベースのセキュリティ)など、ハードウェアを利用したセキュリティ機能が標準で有効になる計画で、それに合わせて、利用するには最新のCPUが必要になるなど、ハードウェア要件のハードルが上がっていることも特徴となっている。

 本稿では、これらの特長を解説していこう。