• /
  • 記事
  • /
  • 政情不安が続く香港で、上海のバイオテックスタートアップHenlius(復宏漢霖)がIPO——4億1,000万米ドルを調達 | BRIDGE(ブリッジ)テクノロジー&スタートアップ情報

上海拠点の Henlius Biotech(復宏漢霖)は9月18日、香港証券取引所で IPO(新規株式公開)を実施し4億1,000万米ドルを調達した。ロイター報道によると、発行価格はタームシートの下限だった。

重要視すべき理由:金融センターの香港では政情不安で企業活動が鈍化していたところ、Henlius の IPO は投資意欲を測る試金石とみられていた。

詳細情報:新薬やバイオシミラー(バイオ後続品)と呼ばれる薬の複製を開発している Henlius の発行価格は1株49.60香港ドル(約680円)で、予想レンジは49.6~57.8香港ドル(約680円〜約795円)だった。

政情不安が続く香港で、上海のバイオテックスタートアップHenlius(復宏漢霖)がIPO——4億1,000万米ドルを調達 | BRIDGE(ブリッジ)テクノロジー&スタートアップ情報

詳細情報:IPO の数日前には、香港証券取引所がロンドン証券取引所に366億米ドルで買収を提案し、不首尾に終わっていた。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
無料メンバー登録