• /
  • 記事
  • /
  • 横浜流星 vs 櫻井海音、本編オープニング“航空機制圧バトル”がノーカットで公開

天才ギャンブラー・斑目貘(横浜流星)=映画『嘘喰い』(公開中)(C)迫稔雄/集英社 (C)2022映画「嘘喰い」製作委員会

 イカサマも殺しも何でもありな、騙し合いゲームを描いた迫稔雄氏のギャンブル漫画を横浜流星主演の映画『嘘喰い』(読み:うそぐい/公開中)より、本編オープニングシーンがノーカットで公開された。【動画】横浜流星 vs 櫻井海音、本編オープニング映像 どんなイカサマも悪魔的IQで見破る、“嘘喰い”という異名を誇る天才ギャンブラー・斑目貘(横浜)が挑む、絶望的なデス・ゲームの数々。そのゲームを取り仕切るのが、日本の政財界そして裏社会をも支配する闇ギャンブル倶楽部“賭郎(かげろう)”だ。本編のオープニングで描かれるのは、獏が挑む、賭郎の頂点・お屋形様こと切間創一(櫻井海音)との一世一代の大勝負。 倶楽部“賭郎”は、政府の要人をはじめ、権力者にして超一流のイカサマ師たちが会員に名を連ね、彼らの賭博には絶対的な頭脳と武力を併せ持つ立会人が派遣される。勝負に負けた代償は、生死を問わず取り立てられる。 壮大な空撮から始まるオープニング。1時間以内に飛行機が上空を飛ぶか否かを賭ける“航空機制圧バトル”の貘の提案に、一切表情を崩さずルービックキューブをもてあそぶお屋形様。カリカリ梅をかじり、勝利を確信していた貘だったが…賭郎の恐ろしさを知ることになる。 巨額の資金が動く裏では、ゲームのためならば人命をも厭わない騙し合いが繰り広げられ、ラストは貘に銃口を向けられる…。果たして貘を待ち受ける運命とは!? 非情な嘘喰いの世界観に一気に引き込まれてしまう映像だ。 スタッフにとっても、キャストたちにとっても、物語を作っていきやすいように、物語の順を追ってなるべく撮影していた本作だったが、貘とお屋形様が対峙するこの“航空機制圧バトル”は後半に撮影された。 撮影場所は、芝浦の有名なヘリポート。撮影前から綿密な美術の打合せを経て、撮影当日は朝イチから“賭郎”のセットを組んで臨んだ。この壮大なオープニングについて中田秀夫監督は、「全員がこの作品を理解した上での撮影、横浜さんも櫻井さんも、キャラクターがどういう意味合いで戦うのかを理解しています。吹き曝しのビルの屋上で、明け方までやるぞという意気込みで臨みましたが、とてもスムーズで深夜1時前に終わりました」と振り返る。 また空撮については、「いま空撮と言えばドローン撮影が多いんですが、撮影区域に制限があり、ビル風があるため、ヘリコプターで撮影をしました。お台場からレインボーブリッジを通って目的のビルに行く。操縦士の方がとても素晴らしく、4~5回撮影をした後、東京上空の絵も撮影し、メインタイトルバックに使いました。ドローン全盛期の時代に、ドローンがいけないエリアで、また違う味わいの空撮ができたと思います」とこだわりを語っている。 中田監督は続けて「見どころの一つとしては、貘とお屋形様の対決はもちろんですが、夜行妃古壱を演じた村上弘明さんです。村上さんが僕にとって、理想的な夜行さんを演じてくれています。普段村上さんは温かみのある方で、現場を和ますコミカルな人なんですが、立会人としてクールそのもの。貘とお屋形様の対決の裏では、人が容赦なく死んでいき、温度感ゼロの非情に貘を導いていく。人間味をすっと消しているんです」とコメント。 主人公・貘、最大の強敵・お屋形様、そして立会人が、一堂に会し、『嘘食い』の世界観を決定づけているオープニングシーンから引き込まれるに違いない。 オープニングシーン映像の前には、貘役の横浜と相棒の梶隆臣役の佐野勇斗の特別映像も。仲が良すぎることで度々話題になってきた2人だからこそ出せる空気感で本編映像への期待値を高めてくれている。

横浜流星 vs 櫻井海音、本編オープニング“航空機制圧バトル”がノーカットで公開