• /
  • 記事
  • /
  • レバノンの緊張状態は収束へ ヒズボラ・イスラエル、ドローン飛行をめぐる膠着状態の後|ARAB NEWS レバノンの緊張状態は収束へ ヒズボラ・イスラエル、ドローン飛行をめぐる膠着状態の後 – ARAB NEWS

ナジャ・フーサリ

ベイルート:ヒズボラとイスラエルの間の緊張は土曜日に収束した。金曜日、ドローンがイスラエルの領空に向けて40分、70キロの偵察任務を行った後、ドローンはレバノンに戻った。イスラエルの「アイアンドーム」が撃墜に失敗したためである。

ヒズボラは金曜日、ドローン「ハッサン」の飛行の責任を主張した。迎撃網をかいくぐり、対象地域の上空で偵察任務を遂行したと述べた。

その報復として、イスラエルの戦闘機2機がベイルート領空を侵犯し、低空で飛行した。

イスラエルの報道機関は、イスラエル軍の関係者の発言を次のように引用している。「ヒズボラのドローンに対するイスラエルの対応は過剰だった」。そして、この反応は、ヒズボラがドローンの製造を豪語していたときに狙っていた目的を達成させてしまったと指摘した。

イスラエルは木曜日、領空に侵入したヒズボラのドローンを撃墜している。

イスラエルがベイルートの領空を侵犯したことに対して、レバノン当局は公式見解を発表していない。飛行機が非常に低空を飛行したため、住民の間でパニックが起きた。

元レバノン軍准将のヒシャム・ジャバー氏はアラブニュースに対し、次のように述べている。「この2、3日の間に起こったことは、軍事学的には『使わなくて済むように、自分の力を誇示した』というものだ」

ジャバー氏によると、ヒズボラのハッサン・ナスラッラー事務総長が水曜日に行った、ドローンの製造に関する演説では、新たな情報は得られなかったという。

「イスラエルの敵はこのことを知っていたが、それが本当かどうかはわからなかった。アイアンドームを逃れたドローンは戦闘用ドローンではなく、偵察用ドローンであり、それだけでは戦争を始めることはできない」

「最近のエスカレーションが、ヒズボラが南の国境で軍事行動を行うことにつながるとは思わない。なぜなら、ヒズボラは最初の一撃を加えることは望んでいないからだ。誰がそうするにせよ、その反響に対する全責任を負う必要がある」

ジャバー氏は語る。「ヒズボラは、イスラエルが先に手を出さない限り、現状を維持するだろう。一方、イスラエルも今すぐには攻撃を実行しないだろう。それは、シリアとレバノンに存在する、すべてのイラン代理勢力の反応を引きだす。アメリカは以前から、このようなイラン勢力への攻撃を避けている。さらに、イスラエルの友人であるロシアも、シリアに駐留しているため、このようなエスカレーションを許さないだろう」

レバノンの緊張状態は収束へ ヒズボラ・イスラエル、ドローン飛行をめぐる膠着状態の後|ARAB NEWS レバノンの緊張状態は収束へ ヒズボラ・イスラエル、ドローン飛行をめぐる膠着状態の後 – ARAB NEWS

レバノンの新聞は「最近の情勢と、ナスラッラー氏の水曜日の演説に関して、レバノンの公式見解がない」ことを批判している。

一部の野党紙は、ヒズボラは国の運命を決める戦略的な力を、国家からすべて奪ったと書いている。

ナスラッラー氏は水曜日、「レジスタンスはミサイルを精密ミサイルに変換する能力を持っている」と、誇るように語っていた。

「レバノンでは、以前からドローンの製造を始めている。買いたい人間がいれば、誰でも注文できる」

ヒズボラの議員であるアリ・ファイヤード氏は土曜日にこう述べた。「陸、海、空を問わず、レジスタンスの力と抑止力は、イスラエルを撤退させるだろう」

「敵は我々のルールや論理に適応できず、パワーバランスは日々、レジスタンスに有利に傾いている」

進歩的社会党の代表であるワリード・ジュンブラート氏は、土曜日にこうツイートした。「預金者の資金を現地で製造されたドローンやミサイル、爆発物に投資することを提案する。レバノンにとってより良いリターンがあるからだ」

レバノン軍団(LF)のサミール・ジャアジャア党首は、次期議会選挙に向けた同党の候補者発表の際に、最近の動向について語った。

「我々が望むレバノンは、非合法なドローンのレバノンではない。地雷や暗殺のレバノンでもない。我々が望むレバノンは、開発、進歩、科学、成功のレバノンである」

彼は、ミシェル・アウン大統領のチームとヒズボラの間で結ばれた同盟は「レバノンを破壊し、地獄をもたらした。彼らは何事もなかったかのように、恥ずかしげもなくその合意を続けている」と考えている。

ジャアジャア氏は、このような合意を擁護し、レバノンの内戦を免れたと主張する人々を一笑している。

「私には理解できない。彼らは、ヒズボラの意向に従うか、そうでなければ我々に対して内戦を仕掛けるかのどちらかだと言っているのか。このような論理は受け入れられない。レバノンでは、誰も誰かを従わせることはできない」