• /
  • 記事
  • /
  • 赤城耕一の「アカギカメラ」 第13回:リコーGRになれなかった、ニコンCOOLPIX Aの哀しみ - デジカメ Watch

2021年になりました。あけましておめでとうございます。今年も「アカギカメラ」をどうぞよろしくお願いします。どうもお正月はサボりすぎましたので間をおかずに、勢いで、さっそく2021年イッパツめを始めたいと思います。

昨年末にオリンパスギャラリー新宿で開催した写真展「録々」には予想以上に多くのお客様においでいただきました。感謝です。会場では多くの記念写真、紹介写真を撮っていただき、還暦直前の白髪でデブな当方のニヤけたバカ面もSNSたくさんご紹介いただきました。嬉しいのに、実は恥ずかしいというか見苦しいというか、フクザツな気持ちでございました。いや、とてもありがたいのですが。

で、非常につまらない話をお正月から始めますとですね、おそらく写真展会場でお客さまに撮影していただいた写真の95%くらいがスマホを使用されていた(当社調べ)ようなのです。では残り5%はどうなのさというと、ミラーレス機と一眼レフになります。また、拙作のフォーマットに合わせていただいたのか、お客様ご所有のフィルム中判カメラ6×6判カメラでも撮影していただきました。これはこれで光栄なのですが、かえってご苦労をかけてしまったような感じもいたします。ええ、でもどんなカメラであろうとも撮影していただて嬉しいです。ありがとうございます。

ですが、ここで報告せねばならない驚愕の事実があります。私の記憶によれば、今回コンパクトデジタルカメラで撮影していただいたことが一度もなかったということです。いや、物覚えが悪い私なので一度くらいはあったかもしれませんが記憶にないのです。

ごく一般的な記念写真とか、SNSにサクっと挙げるなんていう目的では、スマートフォン以上に適した"カメラ"はないんじゃないかと私も思います。私も記念写真は愛用のiPhoneで撮影します。たかがSNSごときにウチの大切な可愛いカメラで撮影した写真を上げられるかという意識もあります。ただ、こういう機会があると、コンパクトデジタルカメラはスマホによって駆逐され、絶滅の危機に瀕していることを身をもって知ることになります。

今回の作例の多くはとある漁港で撮影しています。パズルのように敷き詰められた、おそらくウェイトとして使用されるコンクリートや石でしょうか。これも素晴らしい再現性です。COOLPIX A(F5.6・1/160秒)ISO 800

そんなことを思いながら写真展を終えてから年末の大掃除のために仕事場の機材ロッカーを片づけていたのですが、中からとあるカメラを発見しました。これが今回紹介する「ニコンCOOLPIX A」です。はい、ニコンDXフォーマット(APS-C)のCMOSセンサーを搭載したニコン高級コンパクトデジタルカメラの初号機でありますね。

登場時にはそれなりに話題になりました。私もたしか『アサヒカメラ』でレビューしたはずですが強い印象はなく。本機はリコーGRを意識して企画された製品ではないかと想像しますが、いつの間にかディスコンになっておりました。登場したのは2013年ですからニコンDfと同じ年ですね。

赤城耕一の「アカギカメラ」 第13回:リコーGRになれなかった、ニコンCOOLPIX Aの哀しみ - デジカメ Watch

COOLPIX Aの細かいスペックを少し書いておくと、センサーはニコンDXフォーマットの有効1,616万画素CMOSで、光学ローパスフィルターレス。EVFは非搭載だけど、アクセサリーとして外付け光学ファインダー「DF-CP1」が用意されました。こいつはなかなかの見え方です。もしうちのCOOLPIX Aがお亡くなりになっても、ニコンS3あたりにつけると美しいんじゃないかなあ。

金属製の専用フード「HN-CP18」(装着にはアダプターリング「UR-E24」が必要)も用意されましたが、どうにもこれには食指が動かず、購入には至りませんでした。デザインはライカ エルマリート28mm F2.8の初期タイプの専用フードを意識したのかもしれませんが、これは考えすぎですね。収納性も悪くなりますし。

COOLPIX A用に用意された金属製の外付けファインダーDF-CP1。ファインダーなんかろくに見もしないのにこういうものを買ってしまう自分の意志の弱さを呪いたくなります。まあ、近い将来うちのニコンレンジファインダーカメラに付けて使うからいいか。

搭載レンズはニッコール18.5mm F2.8の単焦点レンズ。35mm判換算で28mm相当の画角。5群7枚で沈胴式。「ニッコール」名が冠されたいうことは相当な高性能レンズですね。最短撮影距離はレンズ前約10cm(マクロAF時)。大きさと重さは111×64.3×40.3mm、約299g(バッテリー、メモリーカード含む)。薄いボディで、スペック的にはとても印象良しです。

私は熱血リコーGRユーザーですが、同時にカメラ博愛主義者でもありますから、天下のニコンが初の高級コンパクトデジタルカメラ分野に乗り出すということに当時興味を持ち、レビューしたときの印象は薄いけれど、COOLPIX Aにもうちにお越しいただきました。このあたりの細かな経緯は失念しております。

階調の豊富さもDXフォーマットのような大型センサーを搭載したカメラの特徴でありましょう。水の質感再現もたまりません。COOLPIX A(F5.6・1/200秒)ISO 400冬の夕方の光は鈍いですが、魅力的です。微妙な色再現にも優れています。撮影距離が遠くても細かなディテール再現に優れます。COOLPIX A(F5.6・1/400秒)ISO 400リコーGR IIIと並べてみました。GRの方は外装に派手さがなく、ややストイックな印象を受けます。COOLPIX Aには少し存在の"軽さ"を感じますね。DXの金色マークもよろしくない。このあたりは好みだけど。

おそらくですが、この頃は2012年登場のニコンD800などもアサインメントで使用していたので、COOLPIX Aは一眼レフのサブカメラとしてもイケるのではと考えたのでしょう。同じような条件で撮影した場合、2機種の撮影データを同じフォルダにぶち込んでも、同一メーカーのカメラなら画作りの整合性が得られるのではないかと目論んだわけです。確かにそういう使い方には適しておりました。

ところがその後はCOOLPIX Aの使用頻度がどうにも上がらず、ロッカーの肥やしとなっておりました。SDカードも挿しっぱなしになっていたので、そこに死蔵され(笑)ていたファイルと今回の撮り下ろしを合わせてご紹介しますが、画質的には素晴らしかったわけです。1,616万画素じゃあ少なかったからじゃないか? というアナタ、実際に写真をみると素晴らしくシャープであり細かいところまでよく見えますぜ。

カメラを発掘した時に入っていたカードを確認したら、なぜか内蔵ストロボを発光させたこのカットを発見。リコーGR IIIには撮れない写真ではあるけど、ニコンのスピードライトの調光精度の高さは本機でも認められますね。COOLPIX A(F5.6・1/400秒)ISO 400ロープ類が目に入ると脊髄反射的に撮影したりします。Sの気があるのでしょうか。見事な質感描写に感激です。一眼レフで撮影しましたと言っても見破られませんね。COOLPIX A(F5.6・1/160秒)ISO 400最近の消波ブロックはスタイリッシュですな。レンズにクセがないためにワイドらしさを感じさせない描写です。見事ですね。COOLPIX A(F8.0・1/800秒)ISO 400

なぜかニコンからはこの後にDXフォーマットのセンサーを搭載した後継のコンパクトカメラは登場していません。少し調べてみると、ニコンのアナウンスによればCOOLPIX Aは販売不振でその命が長くなかったという話も出てきますが、この主な理由というのがやはり"スマホの影響でコンデジが売れなくなったから"という要因だそうです。そうなのかなー。

もともとは外装が高級でも、単焦点レンズ搭載という潔くシンプルな仕様が万人に受け入れられないということがあったのではと推測します。先日も私の妻が同窓会に出席するのでカメラを貸してというからリコーGR IIIを渡したのですが、ズームレンズが搭載されていないからと拒絶されました。

つまり単焦点レンズ搭載であるということに対して、私たちは写真的・性能的にポジティブな期待を持ってしまいますが、一般の認識としては特殊なカメラとみなされます。メーカー側もそれは折り込み済みではないかと思います。リコーも巧みに商売をされていますが、ここまでくるには相当な苦労があったことでしょう。

余談ですが、森山大道さんにリコーGRについてインタビューをしたことがあります。その時に最後に言われたのは「アカギさん、リコーの人に会ったらGRにズームレンズつけるように言ってよ」でした。ええっ、なぜですか?とお聞きすると「だってズームは便利じゃない?」と苦笑しながらお話をされるわけです。ええ、写真界のレジェンドに反論というか、意見できるわけもなく、その時の記事では矛盾しちゃうから書けるわけもなく。ちなみに現在の森山大道さんの愛機はCOOLPIX S7000です。興味ある人は調べてください(笑)。