• /
  • 記事
  • /
  • まるで映画! ドローン使用の“ノーカット”映像に監督「必ずボウリング場を思い出すよ」 | 芸能 | ABEMA TIMES

 駆け抜けるような疾走感あふれる、ボウリング場の映像。まるで映画のワンシーンのようなこの映像は、ドローンを使い、最初から最後までカメラを止めず、ワンカットで撮影したもの。

【映像】ボウリング場の入口から…ドローン動画がまるで映画(2分50秒ごろ~)

 撮影監督のジェイ・クリステンセン氏は「これはシネフープというドローン。小さくて、狭い場所にも入ることができます。このカメラが送信機になっていて、このゴーグルで映像が見られるようになっている。撮影のカメラはGoProを使っています」と話す。

まるで映画! ドローン使用の“ノーカット”映像に監督「必ずボウリング場を思い出すよ」 | 芸能 | ABEMA TIMES

 小さなドローンとGoProが、アメリカ・ミネアポリスのボウリング場を縦横無尽に飛び回るこの映像。ワンカットによる完璧な映像になるまで、2~3時間かけ、12回ほど撮り直しをしたという。映像の最後は、カメラごとボウリングのピンに突っ込み、ストライク。

 監督のアンソニー・ジャスカ氏は「コロナ禍で窮地に立たされたボウリング場のような娯楽施設が、支援を必要としていると人々に思い出してもらうために映像を制作した」という。

「(映像は)物語というより1つのシーンを捉えたもの。友達とまた外で会って、ボウリング場で夜を過ごす光景を描いた。日常に戻って、必ずボウリング場のことを思い出すよって」(アンソニー・ジャスカ氏)

(ABEMA/『ABEMAヒルズ』より)

▶︎映像:“笑顔の逆走車”注意喚起も危機感ゼロ…高齢ドライバーか【映像】気づいていない? “笑顔の逆走車” で見る