• /
  • ブログ
  • /
  • マイクロソフトの2画面スマートフォン「Surface Duo 2」には、海に投げたくなるほどのわずらわしさがある

配信

36コメント36件

PHOTOGRAPH BY MICROSOFT

マイクロソフトの2画面スマートフォン「Surface Duo 2」は、SF小説『デューン 砂の惑星』を読むには最適である。このデヴァイスを使っていたほとんどの時間を、この小説を読んで過ごしていた。それに自分の年齢の割には、「TikTok」の動画もたくさん観たように思う。Surface Duo 2の画面全体に広がるこの中毒性の高いアプリのおかげで、2画面であることの価値が“あと少し”で証明されそうだった。【画像】マイクロソフトの2画面スマートフォン「Surface Duo 2」ある日のディナーの席では、Surface Duo 2の片面でメニューのQRコードを読み込み、もう片方の画面でワインのボトルを調べた(このときはウェイターが興味深そうに「これは何か」と尋ねてきた。マイクロソフトの新しい折り畳めるスマートフォンだと答えたあと、価格は1,500ドル[日本では18万4,580円から]と付け加えると興味を失ったようだった)。Surface Duo 2が会話のきっかけになることは間違いない。そしてこれは、折り畳みスマートフォンの未来を垣間見せてくれる存在でもある。だが、インターネットを閲覧したり、電話を受けたり、「Slack」でやりとりをしたり、「Zoom」で会議したりといった普段はスマートフォンでしていることが、このヒンジ付きの2画面スマートフォンではうまくできなかった。Surface Duo 2を最も自然に使えたのは、くつろいだ姿勢で小さめの本のように手に持って読書していたときだろう。形状が小さめの本によく似ているからである。そう、Surface Duo 2は非常に素晴らしく非常に高価な「Kindle」の代替品になるのだ。ただし、それ以外の用途には向いていない。

マイクロソフトの2画面スマートフォン「Surface Duo 2」には、海に投げたくなるほどのわずらわしさがある

スマートフォンらしさが出た

Surface Duo 2は、ふたつの画面を360度動かせるヒンジでつないだ手帳型スマートフォンである。2020年に登場した「Surface Duo」の後継モデルだが、初代の評価は散々なものだった。その後、マイクロソフトにはあらゆる欠点を修正する時間があったと言えよう。そして実際に一部は修正された。一例を挙げるなら、Surface Duo 2が紛れもなく「スマートフォン」になった点だ。初代Duoを発表したとき、マイクロソフトはこの製品をスマートフォンという名で呼びたがらなかった。新しいカテゴリーのデヴァイスとして位置づけたいと考えていたからだろう。しかし、新しいSurface Duo 2は5G通信に対応したほか、初代にはなかった背面カメラも搭載された。それに必ずとは言えないものの、たいていの場合はポケットにも収まる。サムスンなどの他メーカーが出している折り畳みスマートフォンは、ディスプレイの物理法則を無視している。スマートフォンを広げてタブレット端末のような形にしたとき、ポリマー層がヒンジを覆うように伸び、(凹みはあるが)ひとつの途切れのないディスプレイになるのだ。これに対してSurface Duo 2は、ひと目見ただけでディスプレイが分割されていることがわかる。マイクロソフトがこのデザインにこだわった点は称賛に値する。Surface Duo 2のOSは「Android 11」(20年リリース版)なので、グーグルの主要なアプリは最初から入っている。「Google Play ストア」のアプリもすべてダウンロードできるが、マイクロソフトは自社の「Office」シリーズを最も推しているようだ。アプリのなかには両画面に広がるものもあるが、ほとんどの場合は異なるふたつのアプリを1画面ずつ表示することになる。例えば、片方にはカレンダーを表示し、もう片方にはSlackを表示する。あるいは片方でメールの受信箱を開き、もう片方でメール作成のウィンドウを開く。「Twitter」の画面の反対側に、ツイートする前に読んでおいたほうがいいニュース記事を表示する。「Google ドキュメント」にはこの悩ましいスマートフォンのレヴューに関するメモを書きとめ、もう一方の画面に表示された「Microsoft Teams」でマイクロソフトの幹部たちに7つの質問を投げる。ワーク・アンド・プレイ、ワーク・アンド・ライフのバランスをとれるわけだ。スマートフォンアプリの外側に存在する現実世界では、仕事と生活の境界線が不快なほど曖昧になっている。こうしたなか、Surface Duo 2は明確さやフロー状態、画面の下からスワイプしてアプリをいちいち切り替えるわずらわしさからの解放を約束しているのだ。とはいえ、ときに反応が鈍くなるタッチスクリーンさえなければ、ストレスを感じることもないだろう。

次ページは:初代からの改良点

1/4ページ

最終更新:WIRED.jp