• /
  • ブログ
  • /
  • Jabraのイヤホンは何がすごい? 定評あるフィット感やマイク性能に注目(リアルサウンド) - Yahoo!ニュース

11コメント11件

Jabraより

Jabraのイヤホンは何がすごい? 定評あるフィット感やマイク性能に注目(リアルサウンド) - Yahoo!ニュース

 デンマークを拠点とするJabraから、新しいワイヤレスイヤホン「Elite」シリーズが発表された。「Elite 7 Pro」「Elite 7 Active」「Elite 3」の3機種が、2021年9月より順次発売される。【写真】1万円台の「高コスパノイキャンイヤホン」 Jabraブランドを保有するGNグループは、もともとは通信ケーブルやヘッドセットといった事業で世界中から信頼を得ていた。日本で知られるようになったきかっけは、2018年5月に発売された完全ワイヤレスイヤホン「Jabra Elite 65t」だろう。当時はワイヤレスイヤホン黎明期で、65tの高い接続性とフィット感はたちまち人気となり、後継機となる75t、85tもまた高い評価を受けている。筆者はいずれのモデルも試聴済みで、「Jabra Elite 75t Active」を愛用している。 そんなJabraから今回登場したのが、Eliteを冠した3つのモデルだ。今まであった65、75といった型番を廃止し、代わりにシーンごとに特化した性能を持っている。 「Elite 7 Pro」は、通話に特化したモデル。もともと優秀だったJabraの通話性能に加え、新たに「Jabra マルチセンサーボイス(TM)」機能を搭載。ノイズを的確に除去し、風が強い環境では自動的に骨伝導マイクがオンになるなど、昨今のテレワーク環境に嬉しい機能が備わっている。アクティブノイズキャンセリングや、ヒアスルー(外音取り込み機能)も完備。最長35時間のロングバッテリーも見逃せない。 「Elite 7 Active」は、フィット感を優先したモデル。「Jabra マルチセンサーボイス(TM)」機能は無いが、代わりに「Jabra シェークグリップ(TM)」による高いフィット感がウリだ。Jabraのイヤホンは高いフィット感も特徴のひとつなので、その部分をさらにブーストしたかたちだ。ノイキャンとヒアスルーも搭載しているため、あまり通話しない人にはうってつけのモデルとなっている。 「Elite 3」は、安さを優先したモデル。海外サイトによると「Elite 7 Pro」は199ドル、「Elite 7 Active」は179ドルといわれているが、「Elite 3」はなんと79ドル。国内価格でも1万円未満になるだろう。ノイキャンは搭載していないが、ヒアスルーは完備。カラバリも豊富なため、ノイキャンよりも買いやすさや、あるいはノイキャンが苦手という人にはピッタリなモデルだ。正直、個人的にはJabraのフィット感であればノイキャンは必要ないと感じる場面も少なくない。 ある意味で、松竹梅のような3つのグレードが登場したといえるだろう。最上位の「Elite 7 Pro」でも2万円台なので、他メーカーのフラッグシップモデルと比べても買いやすい。発売日は「Elite 7 Pro」が2021年10月頃、「Elite 7 Active」が2021年11月頃、「Elite 3」が2021年9月頃(一部カラーは10月頃)となっている。

ヤマダユウス型

最終更新:リアルサウンド