• /
  • ヘッドセット
  • /
  • 磁気抵抗RAM(MRAM)市場-製品別(磁気抵抗RAMと第2世代磁気抵抗RAM(STT MRAM));アプリケーション別;地域別-グローバルシナリオ、市場規模、見通し、傾向と予測2022-2030年 企業リリース | 日刊工業新聞 電子版

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:Kenneth Research

磁気抵抗RAM(MRAM)市場-製品別(磁気抵抗RAMと第2世代磁気抵抗RAM(STT MRAM));アプリケーション別;地域別-グローバルシナリオ、市場規模、見通し、傾向と予測2022-2030年 企業リリース | 日刊工業新聞 電子版

Kenneth Researchは調査レポート「磁気抵抗RAM(MRAM)市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」を2021年01月 07日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10325521レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。磁気抵抗RAM(MRAM)市場は、2030年末までに4,481百万米ドルに達すると予測されます。また、予測期間中に40.9%のCAGRで拡大すると予測されます。磁気と電子機器の組み合わせにより、スピントロニクスが開発され、不揮発性、高密度、耐放射線性、高耐久性、高速動作の特性を備えたMRAMメモリが作成されました。磁気抵抗RAM(MRAM)は、磁気特性を使用してデータを保存する不揮発性RAMメモリテクノロジです。MRAMは、電源が切れてもデータを保持し、データを保存するために少量の電力が必要になります。DRAMをMRAMに置き換えると、ソフトウェアを起動しなくても、データの損失を防ぎ、コンピューターを即座に使用できるようになります。MRAMは、産業オートメーション、ゲーム、通信、輸送などに応用されています。世界のMRAM市場の主な推進力は、新興経済国からの柔軟でウェアラブルな電子機器に対する需要の高まり、高い耐久性、高い読み取りおよび書き込み能力、高速などの特性、およびMRAMのより少ない電力消費です。しかし、これらのデバイスの製造に関連する高コストは、市場の成長を妨げる可能性があります。さらに、航空宇宙、軍事、携帯電話局、スマートカードは、今後数年間で機会を提供すると予測されます。市場セグメンテーション洞察MRAM市場は、製品、アプリケーション、および地域に基づいて分割されます。製品別によって市場は、トグル磁気抵抗RAMと第2世代磁気抵抗RAM(STT MRAM)にさらに分割されます。アプリケーションは、自動車、エンタープライズストレージ、家庭用電化製品、ロボット工学、航空宇宙および防衛などに分割できます。レポートは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。磁気抵抗RAM(MRAM)市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。北米地域は、2015年に37.1%以上の収益シェアで市場を支配しました。この優位性は、主要なプレーヤーの存在、この地域での研究開発活動の増加に起因する可能性があります。さらに、より高速な計算、より優れたスケーラビリティ、およびより少ない電力消費のために、増大する需要に対応するための緊急の必要性は、磁気抵抗RAM(MRAM)デバイスの成長を促進すると予想されます。アジア太平洋地域は、データセンターのインフラストラクチャにおける改善と進歩、クラウドコンピューティングの採用の増加とインターネットの使用により、今後数年間で最も急速に成長する地域として拡大すると予想されています。さらに、この市場にはウェアラブル電子機器や携帯電話の販売の高い成長機会があります。磁気抵抗RAM(MRAM)市場は、地域に基づいてさらに区分されます。北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。主要企業磁気抵抗RAM(MRAM)市場における業界のリーダーはNippon Electric Company Ltd., Avalanche Technologies, Everspin Technologies Inc., NVE Corporation, Honeywell International Inv., Toshiba, Intel Corp., Samsung Electronics Co. Ltd., Hewlett-Packard Enterprise, Infineon Technologies, NXP Semiconductorsなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。さらに、レポートは、主要なプレーヤーの収益、企業が提供する製品、およびいくつかの主要な財務指標に関する計算分析を提供します。また、企業の本社、設立年、従業員の総数、企業の概要、企業が取った事業戦略など、その他のいくつかの支援情報も市場のレポートに含まれています。[調査レポートの詳細内容について]https://www.kennethresearch.com/report-details/magneto-resistive-ram-mram-market/10325521Kenneth Research会社概要Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ

情報提供元:PRTIMES本リリースの掲載元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001270.000059861.html

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。