• /
  • ブログ
  • /
  • ワイヤレスイヤホンの選び方とおすすめ10選|iPhone・androidで音楽ライフを快適に

[目次]

▼ ワイヤレスイヤホンの選び方

 【音質】口コミと「コーデック」をチェック

 【マイク】通話・Web会議に使うなら要チェック

 【充電の端子】スマホと同じ端子なら便利

 【連続再生時間】充電にかかる時間もチェック

 【防水性能】ジムやジョギング中にも使うなら必須

▼ ワイヤレスイヤホンのおすすめ10選

▼左右一体型と独立型、どちらがおすすめ?

▼まとめ


すっかり定番となったワイヤレスイヤホン。音楽を聴くだけでなく、スマホでの通話用やウェブ会議のヘッドセットとしての需要も高まっており、人気になっています。

多くのメーカーから、さまざまな製品が販売されていますが、商品数が多過ぎてどう選んでいいかわからないという人も多いのでは? そこでこのページでは、iPhoneやAndroidユーザーそれぞれに合った使いやすいワイヤレスイヤホンの選び方を解説します。

さらに、Amazonで購入できる人気メーカーの左右一体型・完全ワイヤレスイヤホンを、音質のいいものからコスパのよいものまで幅広く紹介します。

ワイヤレスイヤホンの選び方

まずは、ワイヤレスイヤホンの選び方から。ここで紹介する5つのポイントを抑えれば、失敗が少なくなるはずです。

RidofranzGetty Images

ワイヤレスイヤホンの音質は、実際に聴かないとわかりません。なので、視聴するのがベストです。でも購入前に、「コーデック」を確認することで、大まかな音の良し悪し(音の情報量)を把握することができるでしょう。

[コーデックと特徴]

    打ち込みを多用した曲など、音の数が多い曲にはAACやaptXが向いています。とにかく音にこだわるなら、aptXの上位互換「aptX HD」や「LDAC」も視野に入れましょう。

    なお、音に特別こだわらない人や、通話をメインに使用するなら、SBCでも問題ないはずです。口コミと「コーデック」をチェックして、自分の好みに近そうなものを選びましょう。

    Vladimir VladimirovGetty Images

    マイクがついているワイヤレスイヤホンなら、スマートフォンでの通話やZoomなどを使ったWeb会議にも使えます。また、マイクにノイズキャンセリング機能が付いているものなら、相手に周囲の騒音が聞こえづらくなります。

    AnryMosGetty Images

    ワイヤレスイヤホンの充電端子は大きく3種類に分かれます。スマホなど電子機器の充電で使っている端子と合わせれば、充電ケーブルを増やさずに済むので便利です。また、USB-Cケーブルを使った製品は高速充電が可能なものもあります。

    ワイヤレスイヤホンの選び方とおすすめ10選|iPhone・androidで音楽ライフを快適に

    [充電端子の種類]

      FreshSplashGetty Images

      通勤や通学時に使う場合、最低でもその間は充電が持つワイヤレスイヤホンを選ぶようにしましょう。充電を繰り返すとバッテリーは劣化するので、電池持ちのいい製品を選んでおいたほうが長く使い続けられるはず。

      充電にかかる時間も重要です。急速充電に対応した製品なら、5分の充電で1時間使えるものなどもあるので、うっかり充電し忘れたときにも重宝します。

      MikoletteGetty Images

      ジムでの運動中やジョギング中にワイヤレスイヤホンを使うのであれば、汗が浸入しても故障しないよう、防水に対応したタイプを選ぶのがマッチベターです。

      防水性能は「IPX7」のような書き方で表し、最後の数字が大きい方が性能がアップします(最大は7)。汗や雨には「IPX4」以上を目安に選ぶと良いでしょう。

      ワイヤレスイヤホンのおすすめ10選

      ここまで紹介した選び方のポイントを抑えつつ、おすすめのワイヤレスイヤホンを10製品ピックアップ。どれも口コミがよく、おすすめできる製品です。

      FAST MUSIC TWS10エレコムamazon.co.jp¥3,237Amazon で詳細を見る

      お得な完全ワイヤレスイヤホンを探している人におすすめなのが、コチラ。今までこの価格帯で国内メーカー製品がなかったこともあり、人気を集めています。

      機能的にはベーシックで充電端子もmicroUSBですが、機能、再生時間ともに必要十分な性能です。本体カラーが4色用意されているので、好みの色を選べるのもうれしい点です。

        Soundcore Life U2Ankeramazon.co.jp¥3,990Amazon で詳細を見る

        24時間もの連続再生が可能な、ネックバンドタイプのワイヤレスイヤホンです。コーデックはSBCのみですが、それ以外の機能は充実していて、コスパはかなりのもの。

        重さはわずか33g。1日中つけていても負担にならず、テレワークに最適です。マイクには周囲の音をカットするノイズキャンセリング機能が付いているので、自分の声がクリアに相手に伝わります。

          WI-C310 BCSONYamazon.co.jp¥8,135Amazon で詳細を見る

          ソニーの中ではリーズナブルなワイヤレスイヤホンですが、USB-C充電に対応し、連続15時間再生を実現。iPhoneなどに採用されるAACコーデックにも対応しているので、音質にも期待が持てます。

          この価格帯としては珍しく、同時に8台までの機器とBluetoothでつないでおけるマルチペアリング機能が付いているので、スマホとPCの両方で使いたい場合などに便利です。

            ATH-SQ1TW SVNAudio Technicaamazon.co.jp¥8,800Amazon で詳細を見る

            価格と性能のバランスのよいワイヤレスイヤホンで売れています。実に6色ものカラーラインナップが用意されているのも人気の秘訣です。

            約15 分の充電で約60分間の連続再生が可能な急速充電を搭載。再生時感も長めで、防水にも対応しています。コーデックはSBCのみなので、音質に過剰な期待はできませんが、1万円未満で左右独立型のワイヤレスイヤホンを探しているならおすすめです。

              Soundcore Life P3Ankeramazon.co.jp¥8,491Amazon で詳細を見る

              さまざまなイヤホンを販売しているAnker(アンカー)が、iPhoneユーザーに向けてつくったワイヤレスイヤホン。コスパを考えれば、人気の「Air pods Pro」に十分対抗できる人気製品と言えるでしょう。

              Apple製品向けの高音質コーデックのAACを採用し、10分の充電で120分再生できる急速充電も搭載。さらに3種類のノイズキャンセリング機能が付いているので、電車や飛行機の中でも音楽を楽しめます。コスパを重視するiPhoneユーザーにおすすめです。

                AVIOT TE-D01mAVIOTamazon.co.jp¥10,692Amazon で詳細を見る

                最近、日本の音楽ファンから支持されているのが、国内メーカーの「AVIOT(アビオット)」のワイヤレスイヤホン。欧米人とは違う、日本人の耳に合わせてチューニングを施しているのが特徴です。

                iPhone・Android両方の高音質コーデックに対応し、充電端子も最新のUSB-Cを採用。連続再生時間も長く、防水処理もされています。さらにノイズキャンセリング機能も搭載していることも考えると、この価格はかなりお得と言えるでしょう。

                  Powerbeatsbeatsamazon.co.jp¥16,270Amazon で詳細を見る

                  身体を動かしながら使いたいiPhoneユーザーにおすすめなのが、コチラの「Powerbeats」。耳にひっかけて使うため、激しく動いてもずれ落ちにくく、デザインもクールです。

                  Apple傘下のBeats(ビーツ)だけに、iPhoneとの連携は完璧。特別な操作なくスムーズに接続できて、Beatsらしい低音の効いた音を楽しめます。連続15時間再生でき、5分の充電で1時間使える急速充電も搭載しています。

                    Beats Studio Buds by dr.dreamazon.co.jp¥12,545Amazon で詳細を見る

                    iPhoneユーザーを主な対象として製品開発をしていたBeatsですが、最近は充電端子をUSB-Cに変更し、Androidユーザーが使える専用アプリも用意するなどユーザーの間口を広げています。

                    この「Studio Buds」はノイズキャンセリング機能を搭載し、連続再生時間は8時間、5分の充電で60分使える急速充電も付いて、「Air Pods」にはない防水にも対応しています。Air Podsを検討しているなら、コチラと比較してみるのもおすすめです。

                      Apple AirPods ProAppleamazon.co.jp¥27,800Amazon で詳細を見る

                      大人気のApple純正のワイヤレスイヤホンです。iPhoneやiPadなどApple製品との接続のスムーズさは抜群で、Appleユーザーならコレを買っておけば間違いないとまで言われています。

                      実は防水機能がないなど、機能的には完璧とまでは言い切れませんが、ユーザーが口をそろえるのが「ノイズキャンセリング機能の素晴らしさ」です。周りの音をシャットアウトして、音楽や作業に集中したいときに実力を発揮します。

                        WF-1000XM4 BSONYamazon.co.jp¥58,672Amazon で詳細を見る

                        ソニー製ワイヤレスイヤホンの最高峰です。ヘッドホンで評判のソニー独自のノイズキャンセリング機能を搭載し、さらにハイレゾにも対応。徹底的に音楽を楽しめるワイヤレスイヤホンです。

                        装着したまま会話ができる外音取り込みモードや、骨伝導センサーを搭載した高性能マイクなど、他の製品にはない機能も搭載。多少高価でも、後悔しない買い物がしたい人におすすめです(aptX非対応のため、Androidスマホは「LDAC」に対応した機種での使用をおすすめします)。

                          左右一体型と独立型のワイヤレスイヤホン、どちらがおすすめか?

                          miniseriesGetty Images

                          最近の主流は、“完全ワイヤレス”と呼ばれる「左右独立型」です。ケーブルが邪魔にならず、収納時に絡まることもありません。

                          「左右一体型」は連続再生時間が長いので、テレワークでずっと音楽を聴くなど、長時間つけっぱなしにする使い方に向いています。イヤホンが耳から外れても飛んでいかないので、片方だけ紛失することもありません。

                          まとめてみると…

                            と考えるとよいでしょう。

                            まとめ

                            以前は有線イヤホンが主流でしたが、現在はごく低価格な製品と、マニア向けの高額製品に二極化しており、「ちょうどよい」イヤホンはほとんどワイヤレスになっています。価格も高すぎず、便利で使いやすいため人気です。

                            このページで紹介した選び方を参考に探していけば、ワイヤレスイヤホン選びの失敗を防ぎやすくなります。また、紹介したイヤホンはどれもおすすめできる製品なので、気になったものがあれば、ぜひ購入してみてください。

                            Related Stories骨伝導イヤホンのおすすめ7選|仕組みや音漏れ、メリット・デメリットも解説【2021】「ノイズキャンセリングイヤホン」のおすすめ11選【2022年最新版】|専門家がセレクト!ワイヤレスイヤホン「AirPods」を正しくクリーニングする方法 This content is created and maintained by a third party, and imported onto this page to help users provide their email addresses. You may be able to find more information about this and similar content at piano.io