• /
  • ブログ
  • /
  • スマホ・携帯が水没した時の修理の流れと直ぐにやるべき5つの対応 | bitWave

今回は、スマホ・携帯を水没させてしまったときの修理の流れについて解説します。

スマホ・携帯をお風呂やトイレ・屋外で使っているときに、間違って落としてしまい、水没させてしまったことはありませんか?

スマホ・携帯を水に濡らせいてしまうと、電源が入らなくなってしまったり正常に動作しなくなったりするなど、不具合が起こります。

スマホや携帯を水没させたときは、被害を最小限に抑えるために適切な対処が必要です。

また、一度水没させてしまったスマホは元に戻ることはありませんので、早急に修理する必要もあります。

修理の流れの他に、水没したときにすぐにやるべきこと・やっていはいけないことについても紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スマホ・携帯が水没した時のポイント目次
  1. スマホが水没してしまった時にやってはいけないこと
  2. スマホが水没してしまった時の対処法
  3. 水没したスマホを修理に出す流れ|ドコモ
  4. 水没したスマホを修理に出す流れ|au
  5. 水没したスマホを修理に出す流れ|ソフトバンク
  6. 水没したスマホを修理に出す流れ|Apple
  7. スマホの水没に備える4つの方法
  8. 水没させても大丈夫!おすすめ防水スマホ
  9. スマホや携帯が水没しても慌てずに冷静に対応しよう

スマホが水没してしまった時にやってはいけないこと

スマホを水に濡らしてしまうと、無事を確認するために電源を入れようとしたり、内部から水を出そうと強く振ってしまったりしがちです。

しかし、そのような行動は、スマホにさらなるダメージを与えてしまう恐れがあります。

具体的にはどのような行動をしてはいけないのか、スマホが水没してしまった時にやっていはいけないことをご紹介します。

スマホが水没したときにやってはいけないこと

1つずつ見ていきましょう。

水没させたスマホは、電源が落ちている場合が多いです。

正常に動くのか確認するために電源を入れ直したくなるところですが、電源を入れてはいけません。

内部まで水が浸入している状態で電源を入れてしまうと、基盤がショートしてしまう恐れがあります。

基盤が損傷してしまうとスマホが動かなくなったり、データの取り出しができなくなったりするかもしれません。

逆に、水没させた後も電源が入っている状態なら、基盤がショートしないようにすぐに電源を落としてください。

水没したスマホを充電するのは非常に危険です。

端末に電気を流してしまうため、電源を入れるのと同じように基盤がショートしてしまう可能性があります。

電源を入れたいがために充電をすることなどがないようにしましょう。

中の水分を出そうとスマホを振ってしまいそうになりますが、これもやめましょう。

スマホを振ることで余計に水が入ってしまい、状況を悪化させる恐れがあります。

できる限りそっとしておくことが重要です。

スマホを早く乾かそうとドライヤーを使う人もいますが、これも危険です。

ドライヤーの温風でスマホが熱くなりすぎて、回路が故障する原因になりえます。

冷風でもダメです。振ったときと同じように、風圧で水が中に入ってしまう可能性があります。

どれもやりがちな行動ですが、状況を悪くさせてしまうため、やらないように注意しましょう。

スマホが水没してしまった時の対処法

続いて、水没させてしまったときの対処法についてご紹介します。

水没させてしまったときに適切な対処ができれば、被害を最小限に抑えられるかもしれません。

万が一の事態に備えて、対処法をチェックしておきましょう。

スマホが水没したときの対処法

それでは1つずつ見ていくことにします。

まずはスマホ本体についている水分を、タオルやキッチンペーパーを使って丁寧に拭き取りましょう。

拭いた後に中からジワジワと水が出てくることもあるので、しばらくタオルなどで包み込んでおきます。

充電端子やヘッドフォン端子部分の水分もしっかり拭き取ってください。

水が溜まったままになっていると、端子の腐食や故障の原因になります。

ヘッドフォン端子はティッシュを小さく丸めて差し込んでおくと簡単に水分が取れますよ。

本体の水分を拭き取れたら、SIMカードやSDカードを取り出しましょう。

本体の水分をしっかり拭き取ってからSIMカードなどを取り出さないと、ケースを開けたときに水分が侵入してしまう恐れがあります。

まずは本体の水分をしっかり拭いてから取り出すようにしてください。

取り出し口やSIMカード、SDカードも拭き取ります。

電池パックも取り出せる端末なら、取り外して水分を拭き取りましょう。

スマホの水分が拭き取れたら、乾燥させていきます。

ただし上記で述べたように、ドライヤーで無理に乾かそうとしてはいけません。

天日干しするのもひとつの手ですが、効率よく乾かしたいなら以下の方法をお試しください。

シリカゲルとは、お菓子や海苔などの袋に入っている乾燥剤のことです。

天日干しでは乾くまで時間がかかりますし、直射日光でスマホが高温になると故障の原因になっていまいます。

シリカゲルなら早く水分を吸収できますし、日光に当てる必要もないのでおすすめです。

シリカゲルは、100均やホームセンターなどで購入できますよ。

ジップロックにスマホとシリカゲルを入れて密封させ、1~2日ほど放置しておきましょう。

乾燥剤が手に入らないときは、生米でも代用できます。

ジップロックにカップ1杯程度の生米と、水没したスマホを入れて1~2日置いておきます。

米がスマホ内部に侵入しないよう、スマホはティッシュなどに包んでおきましょう。

乾燥させたら、いよいよスマホに電源を入れます。

スマホに電源が入った場合は、早急にデータのバックアップを行ってください。

復旧したように見えても、すぐに電源が落ちてしまうかもしれません。

水没したスマホはいつどのような不具合が起こるのか分からないので、必要なデータだけでもバックアップをしておきましょう。

水没したスマホを修理に出す流れ|ドコモ

画像引用元:

ここからは、水没したスマホを修理に出す流れを、キャリアごとに紹介していきます。

キャリアによって保障内容や修理の受付方法が異なるので注意してください。

まずは、ドコモの補償サービスと修理に出すときの流れから見ていきましょう。

ドコモのケータイ補償サービスは、月額363円~1,100円(機種によって金額が異なる)で加入できるサービスです。

故障してしまったスマホを格安で交換・修理できます。

ケータイ補償サービスでできること

故障したスマホを修理する際は、修理代金の一部をドコモがサポートしてくれます。

項目iPhone・iPad以外iPhone
補償対象内無料購入から1年間無料
購入から2年目以降上限5,500円
補償対象外上限3,300円補償対象外上限5,500円

水濡れの場合は補償対象外となるため、iPhoneなら上限5,500円、iPhone以外は上限3,300円で修理可能です。

もし、損傷が激しく修理ができないと判断された場合は、8,250円~12,100円(機種によって異なる)で新品同様のリフレッシュ品と交換してもらえますよ。

修理に出さず、最初から交換サービスを申し込むことも可能です。

ドコモのケータイ補償サービスの申込みは、以下の方法で行います。

ドコモショップでも修理受付を行っています。

修理期間はおよそ1週間~2週間です。

修理に出さず交換対応を希望する場合は、店頭に在庫があれば当日受け取れます。

ただし、ドコモショップは来店予約を推奨しているため、予約せずにお店に行っても対応してくれない可能性があります。

スマホ・携帯が水没した時の修理の流れと直ぐにやるべき5つの対応 | bitWave

迅速に対応してもらいたいなら、ドコモショップはおすすめできません。

My docomoなら24時間いつでも申し込みが可能です。

わざわざショップに行かなくていいのでとても便利ですよ。待ち時間もありません。

さらにMy docomoから交換サービスを申し込むと、負担金が10%も割引になります。

ケータイ補償サービスを申し込むならMy docomoがおすすめです。

電話でも申し込みができます。

ドコモのスマホ・携帯からは「113」に発信、一般電話からは「0120-800-000」に発信してください。

オペレーターが丁寧に対応してくれますよ。

水没したスマホを修理に出す流れ|au

画像引用元:

auの場合、月額726円〜418円(機種によって異なる)の故障紛失サポートが利用できます。

サポート内容と修理に出すときの流れをチェックしていきましょう。

故障紛失サポートは、故障した端末を同一機種のリフレッシュ品に交換でき、修理代金の割引サービスなどが受けられます。

故障紛失サポートでできること

交換用携帯電話機お届けサービスといって、対象地域なら3時間以内に届けてくれるサービスも行われています。

コンビニ受取やロッカー受取もできるので、忙しくて受取ができない人にもおすすめです。

負担金はauの契約年数・利用回数によって異なります。

項目1回目2回目
契約期間25ヶ月以上25ヶ月未満25ヶ月以上25ヶ月未満
負担金3,300円5,500円6,600円8,800円

auでは、水没した端末の修理対応は行っていません。

代わりに、11,000円で外装・電池パック・部品などをすべて新品同等の状態にするリニューアルサービスで対応してくれます。

水没かどうかの判定は修理拠点で行われるため、リニューアルサービスを利用したい場合はauショップで修理受付を行ってください。

修理申込みの流れは以下の通りです。

修理の申込みは、auショップで行います。

営業時間はショップごとに異なるため、注意してください。

交換用携帯電話機お届けサービスはWebまたは電話で受付となります。

Webから交換用携帯電話機お届けサービスを申し込む場合は、My auで簡単に手続きできます。

なお、Webで代用機なしで申込みをする場合、交換用携帯電話機お届けサービスの負担金が1,100円割引になってお得です。

交換用携帯電話機お届けサービスを利用するなら、Webからの申込みをおすすめします。

交換用携帯電話機お届けサービスは、電話からも申込みできます。

0120-925-919に発信してください。営業時間は午前9:00~午後8:00です。

水没したスマホを修理に出す流れ|ソフトバンク

画像引用元:

続いて、ソフトバンクで修理に出す流れを見ていきましょう。

ソフトバンクでは、月額715円のあんしん保証パックプラスが利用できます。

あんしん保証パックプラスは、格安で交換サービス・修理代金の割引などのサービスが受けられます。

あんしん保証パックプラス

水濡れ・全損時は5,500円で修理が可能です。

修理をせずに、8,250円の負担金で新品同等の端末と交換もできますよ。

修理対応は、ソフトバンクショップで行っています。

営業時間はショップによって異なるので注意してください。

修理の申込みは、My softbankから申込みが可能です。

My softbankでは、24時間受付しているのでいつでもすぐに申込みができます。

また、オンライン修理受付なら20%も割引になるのでお得ですよ。

電話での申込み受付けも行っています。

スマホ・携帯から「113」に発信、一般電話からは、0800-919-0113に発信してください。

受付時間は午前9:00~午後8:00までです。

水没したスマホを修理に出す流れ|Apple

画像引用元:

iPhoneの場合は、キャリアの他にApple Storeでの修理もできます。

Appleの補償サービス「AppleCare+for iPhone」と修理に出す流れについて詳しく見ていきましょう。

AppleCare+for iPhoneは、Appleの補償サービスです。

2年間の補償で9,680円~25,080円(機種によって異なる)がかかります。

水没の場合、一律12,900円で修理が可能です。

AppleCare+for iPhoneは、Apple Storeで手続きできます。

ただし、Apple Storeは店舗が少なく、混雑していることが多いので事前予約がおすすめです。

営業時間も店舗ごとに異なるので注意してください。

Apple公式サイトでも修理申込みが行えます。

配送業者が故障したiPhoneを受取り、Appleリペアセンターに配送してもらいます。

Appleの電話サポートで修理の申込みも可能です。

電話サポートは事前予約ができます。

指定の日時にAppleから電話がもらえるので、待ち時間なしでスムーズに手続きができますよ。

スマホの水没に備える4つの方法

画像引用元:

続いて、スマホを水没することから防ぐための方法をご紹介します。

万が一スマホを水没させてしまっても対応できるように、普段から備えておくことが大切です。

スマホの水没に備える方法

画像引用元:

スマホが故障したときの修理費用は、保障に入っていないと1万円以上することもあり、非常にきつい出費ですよね。

かといってキャリアやメーカーの保障は割高そう…。

そこでおすすめしたいのは、保険会社がやっているスマホの保障サービスです。

さくら少額短期保険株式会社の「モバイル保険」なら、月額700円で最大3端末まで補償が受けられます。

さらには機種変更時の手続きも不要と、おトク・簡単・安心です!

モバイル保険公式サイトを見る

海やプール、キャンプなど水濡れが心配な所に出かけるときは、防水ポーチ・ケースなどの水没対策グッズを用意しておきましょう。

防水ポーチやケースに入れておけば水没を防ぐことができます。

万が一水没させてしまったときのために、リバイバフォン・リペアキットなどの応急処置グッズも用意しておくのもおすすめですよ。

日常生活で一番多いのは、トイレやお風呂などにスマホ持ち込んで落としてしまうというケースです。

落とさないから大丈夫と思っていても、手を滑らせたてズボンのポケットから落ちてしまうなど、いつ何が起こるかわかりません。

トイレやお風呂の時にはなるべく使用を避けましょう。

水没させてしまうのが心配なら、始めから防水対応のスマホを使うことをおすすめします。

防水スマホなら内部に水が浸入するのを防ぐため、多少の雨や水なら故障の心配はありません。

最近は防水対応のスマホがたくさん販売されているので、自分にぴったりな防水スマホを見つけられます。

次項で、おすすめの防水スマホを紹介していきます。

水没させても大丈夫!おすすめ防水スマホ

画像引用元:

この章では、おすすめの防水スマホをご紹介します。

今はたくさんの防水スマホが登場していますが、防水性能が高い機種もあれば、生活防水程度の機種までさまざまです。

水周りや屋外で使用する方は、できるだけ防水性能が高いスマホを選びましょう。

おすすめの防水スマホ

iPhone 7以降のモデルはすべて防水対応になっています。

新しいモデルが登場する度に防水性能も高くなっているため、防水性能を重視するなら最新モデルのiPhone 12がおすすめです。

iPhone 12の防水性能はIP68等級です。

最大水深6メートルの場所で最大60分間浸水した状態でも携帯電話としての機能を損なわない耐水性を備えています。水周りでも安心して使用できますよ。

iPhone 12のスペック

iPhone 12
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.7mm幅:71.5mm厚さ:7.4mm
重さ162 g
アウトカメラ1,200万画素(超広角、広角)
インカメラ1,200万画素
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA14 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーホワイト・ブラック・(PURODUCT RED)・グリーン・ブルー・パープル
詳細iPhone 12評価レビュー

画像引用元:

Xperia 5 Ⅱの防水性能はIPX5/8等級です。

IPX5は、注水ノズルを利用し約3mの距離から12.5Lの水を約3分間注水するテストを行い、通信機器としても機能が使用できたことを証明しています。

さらにIPX8は、水深1.5mで約30分放置しても通信機器としての機能が使用できたことを証明する数値です。

例えば屋外で使用しているときに雨が降ってきても、水濡れの心配がありません。

Xperia 5 Ⅱのスペック

Xperia 5 II
画面サイズ約6.1インチ
本体サイズ高さ:158mm幅:68mm厚さ:8.0mm
重さ約163g
アウトカメラ超広角:約1,200万画素広角:約1,200万画素望遠: 約1,200万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,000mAh
RAM8GB
ROM128GB/256GB
CPUSnaodragon 865
認証顔・指紋
防水IP68
カラーピンク・ブルー・グレー・ブラック・パープル(ドコモ限定)
詳細Xperia 5 llの実機レビュー

画像引用元:

AQUOS sense5Gも、Xperia 5Ⅱと同じくIPX5/8の防水性能を備えています。

さらに、19項目のMIL規格にも準拠。

浸漬・防湿・氷結などのテストにクリアしているため、過酷な環境下でも安心して使えます。

画面が濡れたままでもディスプレイ操作ができる快適な操作性も魅力です。

AQUOS sense5Gのスペック

AQUOS sense 5G
画面サイズ約5.8インチ
本体サイズ高さ:148mm幅:71mm厚さ:8.9mm
重さ178g
アウトカメラ標準:約1,200万画素広角:約1,200万画素望遠: 約800万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,570mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUQualcomm® Snapdragon™ 690 5G
認証顔・指紋
防水IPX5・IPX8
カラーライトカッパー・オリーブシルバー・ブラック
詳細AQUOS sense5Gの実機レビュー

画像引用元:

arrows Be4も、前述の2機種と同じくIP5/8の防水性能を備えています。

MIL規格は23項目で準拠しているため、浸漬や塩水、湿気にも強い設計となっています。

汚れたら泡タイプのハンドソープや液体タイプの洗剤でまるごと洗うことも可能です。

スマホは雑菌がつきやすいといわれているので、衛生面が気になる方にもおすすめですよ。

arrows Be4のスペック

arrows Be4
ディスプレイ約5.6インチ
本体サイズ高さ:147mm幅:70mm厚さ:8.9mm
重さ約144g
アウトカメラ約1,310万画素
インカメラ約810万画素
バッテリー2,780mAh
RAM3GB
ROM32GB
CPUSnapdragon 450
OSAndroid 10
認証指紋
カラーGold/White/Black/Purple
価格23,760円

スマホや携帯が水没しても慌てずに冷静に対応しよう

スマホ・携帯が水没してしまった時の対処法・修理の流れなどを解説してきました。

スマホ・携帯を水没させてしまうと焦って電源を入れてしまったり、ドライヤーで急いで乾かそうとしたりしてしまいます。

しかし、そういった行為は内部基盤に損傷を与える原因となり、さらなる被害を招く恐れがあります。

水没させてしまったときは、焦らずに本体についている水分を拭きとり、乾燥剤などを使って乾かすようにしてください。

いつ水没しても大丈夫なように、修理の流れや補償サービスの内容をしっかり把握しておくようにしましょう。

スマホ・携帯が水没した時のポイントまとめ【2022年】防水スマホおすすめ5選|お風呂やプールで活躍するのは?