• /
  • ブログ
  • /
  • Engadget Logo エンガジェット日本版 iPhone 13をサードパーティ画面に交換するとFace IDが無効になるしくみが明らかに

iPhone 13シリーズが発売された直後、内部設計が従来モデルから変更され、画面をサードパーティ製に交換すると顔認証のFace IDが機能しなくなることが報告されていました。

その分解にあたった修理業者のiFixitが、Face IDが機能しなくなる詳細を公開し、「DIYとプロ、両方の修理者にとって暗黒の日」だとコメントしています。

iFixitによると、この変更のために以前は「手工具」でできた画面交換の作業をやり遂げるには顕微鏡が必要になるとのこと。これによりアップル非公認の修理業者は「新たな設備に数千ドルを費やすか、主要な収入源を失うかの選択を迫られる」ことになり、廃業を余儀なくされる可能性さえ示されています。

その具体的な変更とは、小さなマイクロコントローラーと画面との紐付けであり、修理業者の間では「シリアル化」と呼ばれているとのこと。新たな画面に交換したさいは、アップルが認定業者のみに使用を許可したソフトウェア「Apple Services Toolkit 2」を通じて、同社のクラウドサーバーに修理の記録を残し、iPhoneと画面のシリアル番号を同期させることで、ようやく画面が動作できるというもの。このソフトは非公認の修理業者やユーザーはアクセスできない上に、アップルが修理を1つ1つ承認または拒否できるそうです。

こうしたアップル公認の修理方法は、独立系修理業者であれ認定プログラム(Independent Repair Provider Program)に参加することで利用できるようになります。しかしiFixitは、「顧客のプライバシーを重視する店にとっては選択肢にならない」と主張しています。

iFixitによれば抜け道は発見されているものの、それは「洗練された」ものだと表現されています。すなわち「元の画面から交換用画面に、ハンダ付けされたチップ」を物理的に移動させるというもの。そうしなければ、画面交換後にiPhoneに「Face IDを有効にできません」とのエラーメッセージが表示されるとのことです。

Engadget Logo
エンガジェット日本版 iPhone 13をサードパーティ画面に交換するとFace IDが無効になるしくみが明らかに

記事執筆時点では、この問題につきアップルの公式コメントはありません。ただiFixitは、上記の認定プログラムに参加した人物がアップル公式サポートから「この問題はiOSのアップデートで修正されるだろう」と聞いたとの証言を伝えています。

ただし、iFixitはその後に起こった変化は、iOS 15.0では画面交換後にFace IDがただ機能しなかっただけだったのが、最新バージョンではエラーメッセージが表示されることだけだと述べています。つまりFace IDが機能しないのは故障ではなく、アップルが想定したとおりの正常動作だと示唆しているのかもしれません。

ユーザー本人や独立系の修理業者が「修理する権利」を推進しようとする動きは、主に米国内で強まっています。今年7月にも米連邦取引委員会が大手メーカーによる不当な修理制限に取り組んでいくことを全会一致で可決し、10月には米著作権局が修理に関するDMCA免除対象の拡大を勧告していました。

今回のiPhone 13での変更は、そうした動きに逆行するような印象を与えかねないもの。アップルに対する批判が、いっそう強まるのかもしれません。

Source:iFixit

via:9to5Mac

あなたのプライバシー設定では、このコンテンツをご利用できません。こちらで設定を変更してくださいあなたのプライバシー設定では、このコンテンツをご利用できません。こちらで設定を変更してくださいあなたのプライバシー設定では、このコンテンツをご利用できません。こちらで設定を変更してくださいあなたのプライバシー設定では、このコンテンツをご利用できません。こちらで設定を変更してください