• /
  • 記事
  • /
  • 【地理・歴史・公民】高校の社会を効率よく勉強するための勉強法&暗記術|ベネッセ教育情報サイト

高校の社会(地歴公民)は語句の暗記に加えて、大きな流れを把握することがポイント

高校では、主要3教科の英語・数学・国語の勉強に時間をとられがち。社会の科目まで、机に向かってじっくりと勉強する時間をとるのは難しくなるでしょう。そこで、地歴公民の学習を効率よく進めるためには、まず授業中にしっかりと内容を理解することが大切になります。

【地理・歴史・公民】高校の社会を効率よく勉強するための勉強法&暗記術|ベネッセ教育情報サイト

基本的なことですが、授業では先生の解説を集中して聞きましょう。特に先生が板書で強調しているところ、「ここは大事」と言ったところを意識して、ノートにまとめておくようにしましょう。

学習した内容はくり返し勉強することで身につきやすくなります。社会(地歴公民)の授業があった日は最低限教科書やノートを見直しておきましょう。テストまでに授業で出されたプリントなどの課題も含めて理解できていないところや、忘れてしまっているところがないか確認する復習の時間をとることも大切。テスト直前には、問題集などで実際に問題を解いてみると、テストで出る内容を自分がしっかりと理解できているかどうかがわかりやすく、ヌケ・モレを減らせます。