• /
  • 記事
  • /
  • 電動アシスト自転車の国内初「押し歩き」モードを体験!! e-bikeへの搭載も期待【家電トレンドチェッカー】- 家電 Watch

電動アシスト自転車ってラクなんじゃないの?

最初にお断りしておきますが、今回は「押し歩き」機能(以下、ウォークモード)のレビューがメインとなります。アシストモードや走行距離検証などは一切ございません。ウォークモードのみにフォーカスして進めていきます。とはいえ、知らない読者の方もいらっしゃると思いますので、まずは簡単にご説明しましょう。

電動アシスト自転車の国内初「押し歩き」モードを体験!! e-bikeへの搭載も期待【家電トレンドチェッカー】- 家電 Watch

電動アシスト自転車は、アシストユニットとそれを駆動させるバッテリーを車体に搭載しています。ペダルを漕ぐ力が電動モーターで補助されるしくみです。日本では、人がペダルを漕ぐ力と電動アシスト力の比率(1:2)も法律で厳密に定められています。走行速度10km/h未満で最大2、10km/h以上では走行速度が上がるほどアシスト力が徐々に減少して24km/hではアシスト力が0になるように定められています。

アシストのイメージ図

我々がe-bikeと定義する車体とは異なり、一般的な電動アシスト自転車は遅いスピードで力強いトルクが出るように設計されています。そのため、漕ぎ出し重視で子乗せ自転車やシニア向けで非常に重宝されている現実があります(スピードは伸びにくい)。しかし、アシストユニットとバッテリーを搭載しているために、必然的に車体重量は重くなります。

走行時はアシストのおかげで快適でも、車体を下りての押し歩きは当然ながら重たい。子供の送迎や買い物などでは、押し歩きがツライ現状もあります。そこで電動アシスト自転車のデメリットといえる「押し歩き」問題を解消するために、パナソニックが初めて「ビビ・L・押し歩き」に搭載したのです。電動アシスト自転車とe-bikeの違いについては、「電動アシスト自転車とe-bikeの違いって何?」をご覧ください。

電動アシスト自転車とe-bikeの違いって何?