• /
  • 記事
  • /
  • 予想以上にツカエるBluetoothホームラジオ! - ケータイ Watch

 それからこのSRF-V1BT、前述のとおりBluetoothステレオスピーカーとして機能します。また、背面のオーディオ入力ジャックと市販オーディオ接続ケーブルを使えば、汎用性の高いステレオスピーカーとして機能します。

 ちなみにBluetoothのペアリングはNFCにも対応。最大8台までの機器とペアリングできます(同時接続は1台)。また、付属ACアダプタからSRF-V1BTに給電中なら、Bluetoothスタンバイ機能が働き、Bluetooth機器側の接続操作だけでSRF-V1BTを起動させることも可能です。

予想以上にツカエるBluetoothホームラジオ! - ケータイ Watch

 個人的に「ちょっと残念」と思ったのは、Bluetoothの音声圧縮コーデックはSBCのみの対応であること。より高音質で音を転送できるAACやaptXには非対応です。ただ、ヘッドホンを使わない限り、そういう細かな音質差は感じない(細部の音の歪みなどが聞き取りにくい)ようにも思います。

 で、SRF-V1BTの音質ですが、「抑えめなステレオ感がありつつ、低音~高音まで聞きやすい音が出ている」という感じです。FM放送で流れるステレオ楽曲を楽しむなら十分高音質だと思います。スマートフォンなどを音源として、Bluetooth接続や有線接続して音楽を聴くにもよく向くと感じます。本体サイズのわりには低音がよく出ているとも感じられました。

 また、SRF-V1BTでは高音と低音の量を調節できますが、けっこー調節の幅があるので、好みの音質に設定しやすいと思います。少し高音を抑え、少し低音を持ち上げれば、耳に優しい「大きめスピーカー搭載のAMラジオ」的な音質に変わったりします。

 音量ですが、かなり大きな音まで出ます。最大にすると放送番組や音源によっては若干歪んだり割れたりする感じですが、そこまで上げなくても「小規模な店舗内で流すなら十二分に大きな音」となる感じ。まあ個人使用ではそこまで音量を上げるシチュエーションもありませんが、なかなか頼もしい音量が出ます。小さめの音量でもボーカル域を中心に明瞭な音が出ますので、静かな環境で使うラジオとしてもイイ感じだと思います。